ショーン・オブ・ザ・デッド (2004)

画像
原題・・・「Shaun Of The Dead」
時間・・・99分
監督・・・エドガー・ライト

【予告編】
https://youtu.be/b-kIiMnWQcI

【あらすじ】
家電量販店に勤める青年ショーン(サイモン・ペグ)は、職場では冴えなく、家でも共同生活を送ってる親友のエド(ニック・フロスト)と自堕落な生活を過ごしていた。そしてその無気力さに業を煮やした恋人のリズ(ケイト・アシュフィールド)に振られてしまう。すっかり落ち込んだショーンは遂に更正を決意する。
しかしその朝街中では、蘇った死者がさまよい歩き始めていた。人々が次々と死者の犠牲になる中、ショーンはエドと共に、リズを救い出そうと彼女の元に向かおうとするが・・・。

【キャスト】
ショーン役・・・「チューブ・テイルズ」「M:I:3」のサイモン・ペグ
エド役・・・「キンキーブーツ」「ホット・ファズ」のニック・フロスト
リズ役・・・ケイト・アシュフィールド
デービッド役・・・「ノッティングヒルの恋人」のディラン・モーラン
ダイアン役・・・「高慢と偏見」「ニコラス・ニクルビー」のルーシー・デイヴィス
フィリップ役・・・「ラブ・アクチュアリー」「アンダーワールド」のビル・ナイ

【感想】
ゾンビ映画の金字塔1978年「ゾンビ」(原題:Dawn of the Dead)をパロディにした作品。でもそこには、ジョージ・A・ロメロ版ゾンビ愛に満ち溢れています。
たくさんのゾンビに囲まれると絶望するのに、そこはアイデアと度胸で見事に乗り切ります。コメディ要素満載ですが、恋愛ものも絡めてくるところが他の作品とは一線を画していますね。
サイモン・ペグの盟友エドガー・ライト監督との共同制作は、何とも思いがけない着地点の作品となりましたね。本作はイギリスで大ヒットしたのに、日本では何故かDVDスルー・・・。でも、カルト的な根強いヒットとなっています。

【本作の名脇役】
フィリップ役のビル・ナイは、どんな作品でも印象に残る個性派ですね。

【採点】★★★★★★★☆☆☆




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック