スノーホワイト:氷の王国 (2016)

画像
原題・・・「The Huntsman : Winter's War」
時間・・・113分
監督・・・セドリック・ニコラス=トロイアン

【予告編】
https://youtu.be/5EpJG8XSak0

【あらすじ】
かつて白雪姫の住む王国を支配していた邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)には、妹のフレイヤ(エミリー・ブラント)がいた。彼女はある裏切りによって心を痛め、それと引き換えに全てを凍らせる魔力を手にし、姉の元を離れていた。
数十年後、ラヴェンナが討たれたことを知ったフレイヤは自らの軍団に彼女の持っていた魔法の鏡を奪い取らせ、鏡と自身の魔力でもってラヴェンナを復活させる。2人によって世界に暗黒の闇が訪れようとする中、フレイヤに仕えていたハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)は彼女たちの野望を食い止めようとする。だが彼に立ちはだかったのは、死んだはずだった彼の恋人サラ(ジェシカ・チャステイン)だった・・・。

【キャスト】
エリック役・・・「ラッシュ」「白鯨との闘い」のクリス・ヘムズワース
サラ役・・・「インターステラー」「オデッセイ」のジェシカ・チャステイン
フレイヤ役・・・「ルーパー」「ボーダーライン」のエミリー・ブラント
ラヴェンナ役・・・「プロメテウス」「マッドマックス4」のシャーリーズ・セロン
ニオン役・・・「パイレール・ロック」「ワールズ・エンド」のニック・フロスト
ウィリアム王役・・・「パイレーツ・オブ・カリビアン4」「ハンガー・ゲーム2」のサム・クラフリン

【感想】
前作の主人公スノーホワイト役のクリステン・スチュワートが諸事情により降板してしまい、製作陣の紆余曲折を経て脇役の“ハンツマン”をメインにし、ラヴェンナに妹がいたという苦しい展開になっています。最初30分は前日譚として進行して、そこから何年も経ってからの続きとなっていたのはなかなかのストーリーでしたね。
結局悪党だったのはラヴェンナだけでしたが、“ハンツマン”としてのエリックとサラの恋物語のような続編となっていました。女は現実的に、男は理想的に、愛について思うのはどの国、どの時代においても一緒なんだなと思いましたね。

【本作の名脇役】
ドワーフ役の2人の掛け合いが作品に潤いを与えてくれてました。

【採点】★★★★★★★☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック