ジョー・ブラックをよろしく (1998)

画像
原題・・・「Meet Joe Black」
時間・・・181分
監督・・・マーティン・ブレスト

【予告編】
https://youtu.be/_zIOjl93WrU

【あらすじ】
大富豪パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)のもとに突如客がやって来た。ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)と名乗る彼、実はパリッシュを迎えに来た死神で、ついでにパリッシュを案内人にして人間の世界を見に来たのだった。
娘のスーザン(クレア・フォラーニ)は彼の姿を一目見るなり驚く。ジョーは街で意気投合した青年にそっくりだったからだ。それもそのはずジョーは死んだその青年の肉体を借りてこの世界に降りてきたのだ。
その後2人は徐々に愛を深めていく。人間の恋愛を知ったジョーは彼女をあの世に連れて行きたいと葛藤するが・・・。

【キャスト】
ジョー役・・・「セブン」「スリーパーズ」のブラッド・ピット
ビル役・・・「ザ・ワイルド」「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンス
スーザン役・・・「ザ・ロック」「サベイランス」のクレア・フォーラニ
ドリュー役・・・「ペリカン文書」「ザ・セル」のジェイク・ウェバー
アリソン役・・・「スペース・カウボーイ」「ポロック」のマーシャ・ゲイ・ハーデン
クインス役・・・「ドクター・ドリトル」「グリンチ」のジェフリー・タンバー

【感想】
1934年の映画「日なき抱擁」を元にしています。
ブラピみたいな美しく男前な死神だと、そりゃ恋にも落ちてしまいますよ。そもそも死神に“恋心”というものが存在するのかという疑問があって、それが最初は無くて彼女によって生まれた感情ならば『あり』なのかな。死神に決してあってはならない感情は“同情”であり“愛情”ですよね。
ブラピとアンソニーホプキンスの共演は、何の相乗効果もなく凡作になってしまい残念です。

【本作の名脇役】
アリソン役のマーシャ・ゲイ・ハーデンが出てくるだけで、画面がピシッと締まりますね。

【採点】★★★★★★☆☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック