ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 (2003)

画像
原題・・・「The Lord Of The Rings : The Return Of The King」
時間・・・201分
監督・・・ピーター・ジャクソン

【予告編】
https://youtu.be/gViMVbE9Vkg

【あらすじ】
指輪を捨てるため滅びの山を目指すフロド(イライジャ・ウッド)とサム(ショーン・アスティン)。
だが彼らを道案内するゴラム(アンディ・サーキス)は、2人の仲を裂こうと目論んでいた。ゴラムの策略でフロドはサムを疑い始め、彼らは別の道を行くことになる。
一方、冥王サウロンの軍が、人間の国ゴンドールに襲いかかる。ここが陥落すれば中つ国も滅んでしまう。旅の仲間はもちろん、ローハンの人々も、長らく国交が途絶えていたゴンドールを救うために立ち上がった。ガンダルフ(イアン・マッケラン)の必死の指揮にもかかわらず劣勢が続くが、そこに海賊船を奪ったアラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)率いる亡霊の大軍が現われて驚くべき力を発揮し、多くの犠牲を出しながらもゴンドールは勝利する。
その頃、サムは巨大蜘蛛に襲われていたフロドのもとに駆け付け、彼らの信頼は戻った。しかしサウロンはたちまち兵を補強する。アラゴルンは、フロドを少しでも助けようと、サウロンの目をそらすためにモルドールの黒門へ攻め込むことを決意するが・・・。

【キャスト】
【新しいキャスト】
デネソール役・・・「エアベンダー」のジョン・ノーブル

【感想】
いよいよこの壮大な物語の決着が付こうとしています。どのような着地点が待っているのかと楽しみにしていましたが、ラストのフロド、サムの救出にガッカリと来ました。それなら最初からガンダルフの鷲にフロドと指輪を乗っけて火口に落とせばいいじゃんって思ってしまったらダメですよね。元も子もないことを言ってしまうと、この指輪に世界を滅ぼす力があったとは思われないのもツライところでした。
アカデミー賞では、作品賞、監督賞を含む11部門を受賞するという『ロード・オブ・ザ・リング・イヤー』でしたが、まあ無事に大成功の三部作として完成したことに拍手を贈りたいですね。
またいつか時間がある時に、最初から通しで観てみたいと思います(多分ない)。

【本作の名脇役】
モーションキャプチャの申し子となったゴラム役のアンディ・サーキスがスゴイですね。

【採点】★★★★★★☆☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック