ベスト・バディ (2017)

bb.jpg
原題・・・「Just Getting Started」
時間・・・92分
監督・・・ロン・シェルトン

【予告編】
https://youtu.be/Fljeyd3A_fo

【あらすじ】
デューク(モーガン・フリーマン)はカリフォルニア州の高級リゾートの経営者である。若かりし頃、デュークは刑事訴訟を専門とする弁護士として活動しており、世界で最も危険な犯罪組織の幹部の弁護を引き受けたこともあった。
ある日、リゾートにレオ(トミー・リー・ジョーンズ)と名乗る老人がやって来た。元FBI捜査官だというレオは何かにつけてデュークと張り合い、彼を打ち負かすのだった。経営者としての面子を守るべく、デュークは意地でもレオに勝とうとしたが、なかなか思うようには行かなかった。2人の争いはリゾート会社の支部長であるスージー(レネ・ルッソ)をも巻き込んだ争いへと発展していったが・・・。

【キャスト】
デューク役・・・「ベン・ハー」「ジーサンズ」のモーガン・フリーマン
レオ役・・・「ジェイソン・ボーン」「クリミナル」のトミー・リー・ジョーンズ
スージー役・・・「ナイトクローラー」「マイ・インターン」のレネ・ルッソ
ジョー役・・・「バッドボーイズ2」「アンノウン」のジョー・パントリアーノ
マルガリータ役・・・「ドン・ジョン」「ザ・サークル」のグレン・ヘドリー

【感想】
モーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズの名優2人に、これまた名女優のレネ・ルッソが絡むキャスティングはとても贅沢です。
ただ、もっと違う脚本で、もっと若い時にサスペンスやアクション映画で観たかったですね。昔から活躍してきた俳優さん達も年齢を重ねてきて、選べる作品が限られてきた中で、夢の共演がたくさん実現してきています。老後の話や歳を取ってもまだまだ若い者には負けない的な作品が増えてきてるのも事実です。
本作はほんわかしたコメディ作品なので、肩肘張らずにのんびりと彼らの道のりを思い出しながら鑑賞するのも乙なものです。

【本作の名脇役】
マルガリータ役のグレン・ヘドリーは、本作が遺作となりましたが、ずっと美しい女優さんでしたね。

【採点】★★★★★☆☆☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント