アップグレード (2018)

ug.jpg
原題・・・「Upgrade」
時間・・・95分
監督・・・リー・ワネル

【予告編】
https://youtu.be/vRkZHuQ_AFc

【あらすじ】
近未来、グレイ(ローガン・マーシャル=グリーン)は謎の組織に襲われ、妻アシャ(メラニー・バレイヨ)の命を奪われる。組織から激しい暴行を受け身体障害者となったグレイは、強盗に復讐をしようにも動けない自分に苦悩する。
そんなグレイは、大企業の最新AI技術を利用した科学実験を受ける。その実験はAIチップの“ステム”を体に埋め込み体を動かすという物だった。グレイは実験の成功で体が回復し、さらにAIの力で人類を超える力を手に入れた。グレイは“ステム”とコミュニケーションを取りながら、組織への復讐に動き出すが・・・。

【キャスト】
グレイ役・・・「プロメテウス」「スノーデン」のローガン・マーシャル=グリーン
アシャ役・・・メラニー・バレイヨ
エロン役・・・「ニード・フォー・スピード」のハリソン・ギルバートソン
コルテス役・・・ベティ・ガブリエル
フィクス役・・・ベネディクト・ハーディ
ステム(声)役・・・サイモン・マイデン

【感想】
近未来の世界観(スマートスピーカー、自動運転カー、液晶パネル等))が結構リアル。
幸せの絶頂から一気に最悪の事態に陥ってしまった主人公は、そこから科学の力で蘇って『アップグレード』します。それは、寝たきりだった障害から真に超人のような身体能力を発揮しています。もし副作用が無いのなら、肢体不自由者にとっては夢のような画期的な技術だと思います。
“ステム”のように本人に話しかけてくるのは、「アイアンマン」の“ジャービス”みたいで好感が持てますね。しかも“ステム”主導だと、頭が良くて戦闘のスキルも相当高かったです。格闘の動きが今までにない斬新さで、独特のアクションを生み出しています。
さらに、敵の装備や身体の改造にも注目したいですね。

【本作の名脇役】
ハリソン・ギルバートソン演じるエロンは、良い奴だけどちょっと変わってる感じが上手く表現されていました。

【採点】★★★★★★★★☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント