アラジン (2019)

aladdin.jpg
原題・・・「Aladdin」
時間・・・128分
監督・・・ガイ・リッチー

【予告編】
https://youtu.be/IOlq4S1hnOk

【あらすじ】
猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン(メナ・マスード)は、市場へ繰り出しては盗みを働いていたが、変装した王女ジャスミン(ナオミ・スコット)と出会う。アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。国務大臣のジャファー(マーワン・ケンザリ)は、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。
アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーがランプ以外の財宝に触ってはいけないという掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニー(ウィル・スミス)が出現する。ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つ叶えると言うが・・・。

【キャスト】
アラジン役・・・メナ・マスード
ジャスミン役・・・「チリ33人」「パワーレンジャー」のナオミ・スコット
ジーニー役・・・「コンカッション」「スーサイド・スクワッド」のウィル・スミス
サルタン役・・・「アメリカン・アサシン」「ホース・ソルジャー」のナヴィド・ネガーバン
ダリア役・・・ナシム・ペドラド
ジャファー役・・・マーワン・ケンザリ
イアーゴ(声)役・・・「トランボ」「ローグ・ワン」のアラン・テュディック

【感想】
まず、個人的にウィル・スミスはラッパーの“フレッシュ・プリンス”のイメージが強いので、ディズニーの曲を歌うのはどうかなと思いました。でも、やはりラップ調の曲もあって彼らしいパフォーマンスが観れて一安心。
次に、あのガイ・リッチー監督が、ディズニーでしかもミュージカルを引き受けたのも驚きの出来事でした。どちらかと言えば硬派な作品作りですよね。
「アラジン」と言えば『魔法のランプ』で『3つの願い』を叶える、と言う以外は詳しいストーリーは知らなかったと思いながら鑑賞・・・。テンポもよく飽きがこない演出は見事で、歌うシーンも自然で良かったですね。1人の青年の成長物語としても十二分に楽しめる真にディズニーらしい作品でした。
“人を惚れさせる”“人を生き返させる”“願いを増やす”がダメだけど、願いが3つもあると悩みますね。

【本作の名脇役】
ダリア役のナシム・ペドラドがキュート過ぎてとても印象に残りました。

【採点】★★★★★★★★☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント