ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 (2018)

画像
原題・・・「Fantastic Beasts : The Crimes Of Grindelwald」
時間・・・134分
監督・・・デヴィッド・イェーツ

【予告編】
https://youtu.be/mQJWMJ1x6F8

【あらすじ】
ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。
そんな中、イギリスにもどって来たニュートは、捕らえられていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出したことを知る。魔法界と人間界の支配を企むグリンデルバルドを追って、ニュートは恩師ダンブルドア(ジュード・ロウ)やニュートの仲間、魔法動物たちと共にパリへと向かうが・・・。

【キャスト】
ニュート役・・・「ジュピター」「リリーのすべて」のエディ・レッドメイン
ティナ役・・・「エイリアン:コヴェナント」「ローガン・ラッキー」のキャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ役・・・「燃えよ!ピンポン」「ファンボーイズ」のダン・フォグラー
クイニー役・・・アリソン・スドル
クリーデンス役・・・「ウォールフラワー」「ジャスティス・リーグ」のエズラ・ミラー
ナギニ役・・・「アベンジャーズ2」「ダーク・タワー」のクローディア・キム
リタ役・・・「マッドマックス4」「ダイバージェントFINAL」のゾーイ・クラヴィッツ
テセウス役・・・カラム・ターナー
マクゴナガル役・・・フィオナ・グラスコット
フラメル役・・・ブロンティス・ホドロフスキー
ダンブルドア役・・・「SPY」「キング・アーサー」のジュード・ロウ
グリンデルバルド役・・・「ブラック・スキャンダル」「オリエント急行殺人事件」のジョニー・デップ

【感想】
「ファンタスティック・ビースト」シリーズ第2作目。
「ハリポタ」よりも大人な感じがとても良い。そして、グリンデルバルド=ジョニー・デップ、ダンブルドア=ジュード・ロウと配役した段階で本シリーズはより魅力的になりましたね。特にカリスマ性があるグリンデルバルド同様に、ジョニー・デップが登場するだけで、主役を差し置いて場面をさらってしまいます。
所々に「ハリポタ」に関する人物やアイテムが出てきて、前日譚シリーズとしての楽しみも増えます。
ストーリー展開として、4人それぞれが別々の選択をして、バラバラになってしまうのは残念ですが、これも今後に期待が持てますね。
なぜ、グリンデルバルドとダンブルドアは闘わないのかの謎もしっかりラストで判明するので、そこはスッキリとしました。

【本作の名脇役】
若い頃のグリンデルバルド役を、個性派ジェイミー・キャンベル・バウアーが演じていてGOOD!!

【採点】★★★★★★★★☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック