トイズ (1992)

画像
原題・・・「Toys」
時間・・・118分
監督・・・バリー・レヴィンソン

【予告編】
https://youtu.be/cP-TU0P2Lw4

【あらすじ】
人里離れた緑の丘の上にあるおもちゃ工場“ゼボ・トイズ”。そこはケネス(ドナルド・オコナー)が一代で築き上げたお伽の国のような大手おもちゃメーカーである。そしてそこでは、大勢の工場員たちが日々生き生きと楽しく働いていたのだが、ある日、経営者のケネスが急死してしまう。息子のレスリー(ロビン・ウィリアムズ)もその訃報に肩を落としていたが、何事にもプラス思考だった父親の思考を受け継ぎ、妹のアルセイシア(ジョーン・キューザック)と共に工場の更なる発展に力を入れようとしていた。
だがそんな彼らの元にケネスの弟であるリーランド将軍(マイケル・ガンボン)が新経営者としてやって来る。完璧な軍国主義のリーランドは、子供の夢などどこ吹く風。おもちゃというアイテムを生かして、完全な軍事目的の工場改革を目論み、それまでの工場内システムを好き勝手に変え始める。そんな将軍の横暴ぶりに、さすがのレスリーも黙ってはいなかった。父親が目指していた本来あるべき工場に戻そうと将軍に掛け合おうとするが・・・。

【キャスト】
レスリー役・・・「いまを生きる」「フィッシャー・キング」のロビン・ウィリアムズ
リーランド役・・・「モブスターズ」「ジキル&ハイド」のマイケル・ガンボン
アルセイシア役・・・「ワーキング・ガール」「セイ・エニシング」のジョーン・キューザック
グエン役・・・「ステート・オブ・グレース」「フォレスト・ガンプ」のロビン・ライト
パトリック役・・・「ハード・ウェイ」「ディープ・ブルー」のLL・クール・J
ケネス役・・・「ザッツ・エンタテインメント」「ラグタイム」のドナルド・オコナー

【感想】
オモチャとロビン・ウィリアムズと聞いて、これは適役なキャスティングだと思いましたね。子供のおもちゃの世界をいかにして悪巧みする大人たちから守るのか、なんて彼の得意分野でしょうね。
ストーリーも展開もよくある話でしたが、クスッとするギャグやファンタジーっぽい演出はファミリー映画でしたね。

【本作の名脇役】
パトリック役のLL・クール・Jは、元々ラッパーでしたが、映画界に進出して頭角を表してきましたね。

【採点】★★★★★☆☆☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック