怪物はささやく (2016)

画像
原題・・・「A Monster Calls」
時間・・・108分
監督・・・フアン・アントニオ・バヨナ

【予告編】
https://youtu.be/kXC_R2yut2M

【あらすじ】
難しい病を抱えた母親(フェリシティ・ジョーンズ)とともに墓地が見える家で暮らす13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。
そんなコナーのもとに、ある晩怪物がやってくる。そして怪物はこれから3つの真実の物語を話すこと、そして4つめの物語としてコナーが隠している真実を語るよう告げる。抵抗するコナーに構わず怪物は夜ごと現れ、怪物の物語はコナーを突き動かしていくが・・・。

【キャスト】
コナー役・・・ルイス・マクドゥーガル
エリザベス役・・・「インフェルノ」「ローグ・ワン」のフェリシティ・ジョーンズ
リアム役・・・「悪の法則」「ファンタスティック・フォー」のトビー・ケベル
クレイトン婦人役・・・「レッド・ライト」「チャッピー」のシガニー・ウィーバー
校長役・・・「ウルフマン」「インポッシブル」のジェラルディン・チャップリン
怪物(声)役・・・「96時間」「フライト・ゲーム」のリーアム・ニーソン

【感想】
思春期独特の心の移ろい易さ、勉強の事、友達関係(いじめ等)の事、家族(の死)の事、これら全ての試練を乗り越えて大人になっていく。子供は子供なりに色んなことを考えて、それでも心が押しつぶされそうになることもあります。そこをフォローするのが、親であり周りの大人の役目なんだなと思いますね。
怪物からの3つの物語はそれぞれの核心を突いてきていますが、まさかのアニメ描写とは予想外でしたね。
怪物の声担当のリーアム・ニーソンがバッチリはまっていました。

【本作の名脇役】
エリザベス役のフェリシティ・ジョーンズの演技がうまく切ない・・・。
彼女は「X-MEN : ファースト・ジェネレーション」のジャニュアリー・ジョーンズと「アントマン」のエヴァンジェリン・リリーと「ジェイソン・ボーン」のアリシア・ヴィカンダーと“感じ”や“雰囲気”が似ていますね。

【採点】★★★★★★★☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック