シャドウハンター (2013)

画像
原題・・・「The Mortal Instruments : City Of Bones」
時間・・・130分
監督・・・ハラルド・ズワルト

【予告編】
http://youtu.be/PewoLMzYxOM

【あらすじ】
ごく普通の高校生であるクラリー(リリー・コリンズ)は、母親ジョスリン(レナ・ヘディ)と幸せに暮らしていた。そんなある日、ジョスリンが何者かにさらわれ、クラリーも謎の化け物に襲われてしまう。そこに突然、武器を持った青年ジェイス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)が現れ、化け物を倒してクラリーの命を救うのだった。
ジェイスが言うには、自分は妖魔と戦うために選ばれた戦士“シャドウハンター”であり、実はジョスリンも優秀なシャドウハンターの一人だというのだ。しかも、その血を受け継いでいるクラリーもまた、選ばれしシャドウハンターの一人だと告げる。にわかに信じられないクラリーだったが、ジェイスと共にジョスリンを探す旅に出発する。
ジョスリンをさらった敵の目的は、大きな力が秘められた『伝説の聖杯』であり、その行方はジョスリンによって封印されたクラリーの記憶に記されていることがわかる。こうして平凡だった少女は、世界の命運を握る戦いに挑むことになる。

【キャスト】
クラリー役・・・「ミッシングID」「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ
ジェイス役・・・「ロックンローラ」「トワイライト」のジェイミー・キャンベル・バウアー
アレク役・・・「クライモリ」「トランスアメリカ」のケヴィン・セガーズ
イザベル役・・・ジェマイマ・ウェスト
サイモン役・・・「デビルクエスト」のロバート・シーハン
ホッジ役・・・「ベンジャミン・バトン」「シャーロック・ホームズ2」のジャレット・ハリス
ジョスリン役・・・「抱擁」「300」のレナ・ヘディ
ルーク役・・・「ホビット」のエイダン・ターナー
ヴァレンタイン役・・・「マッチポイント」「M:I:3」のジョナサン・リース・マイヤーズ
ドロシア役・・・「バグダッド・カフェ」「エスター」のCCH・パウンダー
サミュエル役・・・「インモータルズ」「パシフィック・リム」のロバート・マイエ
エミール役・・・「リアル・スティール」「ノア」のケヴィン・デュラント

【感想】
正直言って、流行りのものを何もかも積み込み過ぎな感じがします。人気YA小説シリーズの映画化(『シャドウハンター 死の街』)ですので原作はあるのですが、「トワイライト」と「ビューティフル・クリーチャーズ」「パーシー・ジャクソン」が合わさったようなイメージで統一感がありません。どれも『どこかで観たことある』パターン、シーンばかりで、目新しさが感じられませんでした。
ただそれらを補って余る程の魅力的なキャスティングは、これからのスター発掘的な要素もありますし、ベテランが脇を固めていて見応えはありましたね。
残念ながら興業的に芳しくなかったので、続編の製作が延期になったとの事。決して面白くないことはないのですが、あまりによく似たタイプの作品が量産され過ぎましたね。タイミングが悪かったと思うしかないでしょうか・・・。

【本作の名脇役】
ドロシア役の個性派CCH・パウンダーは、絶対敵か味方か、重要なキャラであろうと思ってたのに・・・。

【採点】★★★★★★★☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック