ガリバー旅行記 (2010)

画像
原題・・・「Gulliver's Travels」
時間・・・85分
監督・・・ロブ・レターマン

【予告編】
https://youtu.be/v-A09uPf8JQ

【あらすじ】
ニューヨークの新聞社に勤める郵便仕分け事務員ガリバー(ジャック・ブラック)は、小心者で冴えない毎日を送っていたが、密かにジャーナリストになりたいという野心を抱いていた。
そんなある日、お得意の口から出まかせのハッタリで、謎のバミューダ三角地帯取材という大仕事を手にする。意気揚々と航海の旅に出たガリバーだったが、突然発生した大嵐に巻き込まれてしまう。意識を取り戻した彼が目にしたものは、限りなく小さな小人たちが住む美しい国だった。この小人の国で彼は、運命を大きく変える途方もない大冒険を繰り広げることになるが・・・。

【キャスト】
ガリバー役・・・「ホリデイ」「トロピック・サンダ-」のジャック・ブラック
メアリー王女役・・・「ヴィクトリア女王」「ウルフマン」のエミリー・ブラント
ダーシー役・・・「シリアナ」「2012」のアマンダ・ピート
ホレイショ役・・・「11:14」「無ケーカクの命中男」のジェイソン・シーゲル
セオドア王役・・・「ゾンビーノ」「処刑人2」の「タイムライン」「」のビリー・コノリー
エドワード将軍役・・・「ヴェラ・ドレイク」「パイレーツ・ロック」のクリス・オダウド
ダン役・・・「クローバーフィールド」「アンストッパブル」のT・J・ミラー

【感想】
本作は主演のジャック・ブラックありきの作品だと思いますね。彼のキャラがぴったりと物語に合っていて、この誰でも知っているイギリスの小説を改めて思い出されます。幼い頃に聞いたストーリーなので詳しい内容は覚えていないのですが、映画としてのエンターテイメント性はバツグンの題材ですよね。
CGの発達によって、映像化が不可能なことが無くなったハリウッドでは、もう脚本の良し悪しだけになってしまいましたよね。展開もスピーディーでないと駄目ですし、モラルに反する事案も考えながら映画化しないといけないので大変だと思います。本作も少し度が過ぎそうなシーンもありましたが、ギリギリのところで回避してしつこくならなくて良かったです。

【本作の名脇役】
ホレイショ役のジェイソン・シーゲルは、さすがコメディ俳優の面目躍如ですね。

【採点】★★★★★★☆☆☆☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック