レオン (1994)

画像
               

原題・・・「Leon」                    予告編はこちら
時間・・・110分(劇場版)133分(完全版)
監督・・・リュック・ベッソン






ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオン(ジャン・レノ)はプロの殺し屋として、
表の顔はイタリアレストランの経営者でイタリア系マフィアのボスであるトニー(ダニー・
アイエロ)を介した依頼を完璧に遂行する毎日を送っていた。
たまたま知り合った隣の部屋に住む少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)は弟以外の家族に
愛されず、閉塞感に満ちたまま日常を送っていた。
ある日、不気味な男スタンフィールド(ゲイリー・オールドマン)と部下たちが彼女の父親を
訪ねて、預けたヘロインをかすめ取った奴がいると言い、明日の正午までに盗んだ奴を
捜せと告げて帰る。
翌日、スタンフィールドと仲間たちはマシンガンを手にアパートを急襲し、わずか4歳の弟も
含めてマチルダの家族を虐殺した。
ちょうど買い物に出掛けて留守だったマチルダは帰ってみて、何が行われたか気づいた。
彼女は涙をこらえながら部屋を通り過ぎると、レオンの部屋のドアベルを鳴らし続けた。
突然の訪問者にとまどうレオンに、マチルダはしばらく匿ってほしいと頼む。さらに彼が
殺し屋だと知ったマチルダは、最愛の弟を殺した相手に復讐するために、自分も殺し屋に
なりたいと懇願する。始めは断ったレオンだが、自分の正体を知った少女を殺すことも
追い出すこともできず、彼女との奇妙な共同生活を始めることになるが・・・。


レオン役は「ダ・ヴィンチ・コード」「ピンクパンサー」のジャン・レノ、マチルダ役は「クローサー」
「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマン、スタンスフィールド役は「ドラキュラ」「ダークナイト」の
ゲイリー・オールドマン、トニー役は「月の輝く夜に」「ハドソン・ホーク」のダニー・アイエロ、と
素晴らしい配役です。


スタイリッシュな映像美、テンポのいい演出、など作品的にもストーリー的にも分かりやすくて
見応え十分!でも何と言ってもこの作品の魅力は、ナタリー・ポートマンの“眼力”とゲイリー・
オールドマンの“狂気”でしょう。
ナタリーに魅了された人たちはかなり多かったんじゃないかと思いますね。当時、12歳で
あったのに係わらず、大女優誕生の瞬間に立ち会ったような感覚さえ覚えましたね。
ゲイリーはやはりこういう役柄を演らせたら世界一のアプローチをしますね。家族を惨殺する
シーンは歴史に残る演出だと思います。
ラストのスティングの曲が心にしみますね・・・。








   ご購入はこちら   2人の相性が素晴らしい! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

小枝
2014年07月29日 20:08
こんばんは。

本作は私のお気に入り作品の1つとなっています。
ベッソン監督の盟友
エリック・セラの音楽も「ニキータ」と同様
大好きなサウンド・テイストです!

何と言いましても
ポートマンの演技が秀逸でしたね。
またSTINGのエンディング曲は涙を誘います。

共感できる作品のレビューを
多数お書きになられているので
時間を見つけては又ご訪問させて戴きます。
本記事を拙記事に
トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • My Favorite Movie (vol.1) 『レオン』

    Excerpt:               今日は私のお気に入りの映画『レオン』を写真・音楽を交えながら振り返ります。 Weblog: 小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…" racked: 2014-07-29 20:03