フォレスト・ガンプ 一期一会 (1994)

画像
               

原題・・・「Forrest Gump」               予告編はこちら
時間・・・142分
監督・・・ロバート・ゼメキス





アラバマ州で、幼い日のフォレスト・ガンプは、母(サリー・フィールド)の女手一つで育てられた。
母親は息子のIQが人並みに至らないと告げられた時も、背骨が曲がっていることがわかった
時も少しも動ぜずに普通の子供として育てた。
小学校に入ったが、友達は最初の登校日にスクールバスで席を譲ってくれた美しく優しい少女、
ジェニーだけだった。ある日、同級生たちにいじめられたフォレストは、ジェニーの「走って!」と
いう声で猛然と駆け出し、どこまでも走り続けた。
その駿足が買われ、数年後、フォレスト(トム・ハンクス)はアメリカン・フットボールの選手として
大学に入学。ついに全米代表選手に選ばれ、ケネディ大統領から激励される。
ジェニー(ロビン・ライト)は彼の存在が邪魔になる時もあったが、なぜか憎みきれず、ある雨の
降りしきる夜、すぶ濡れの彼を女子大の寮にこっそり招き入れ、裸の胸にそっと抱いた。
大学を中退したジェニーはヌード劇場で歌っていたが、会いに来たフォレストの前から去る。
5年後、彼はベトナム戦争に出征するが・・・。


フォレスト・ガンプ役は「グリーンマイル」「ダ・ヴィンチ・コード」のトム・ハンクス、ミセス・ガンプ
役は「プレイス・イン・ザ・ハート」「マグノリアの花たち」のサリー・フィールド、ジェニー役は
「アンブレイカブル」「ドラゴン・タトゥーの女」のロビン・ライト、ダン役は「アポロ13」「スネーク・
アイズ」のゲイリー・シニーズ、バッバ役は「ヒート」「コン・エアー」のミケルティ・ウィリアムソン、
あとガンプJr.役で「シックス・センス」「ペイ・フォワード」のハーレイ・ジョエル・オスメントが
出演しています。


劇中に台詞としても登場する「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」という
セリフが頭から離れませんね。トム・ハンクスの自然な演技が作品を支配していて、ドップリと
物語の中に入っていけます。
アメリカの歴史にはそれほど詳しくはありませんが、アメリカの良い部分を体現していく
フォレストに対して、アメリカの闇の部分を体現していくジェニーとの比較対照が分かりやすくて
素晴らしい脚本だと思いましたね。
知的障害の役は下手すると、とても観ていられないくらいやり過ぎ感が出てしまいがちの難しい
役柄なのに、嫌味なく愛着のあるキャラクターへと押し上げています。
CGの使い方もホント巧く扱っていて、特にダン隊長の失くした両足の表現は見事です!
何度でも観たくなる心に残る傑作ですね。






   ご購入はこちら   見事な傑作です!必見です! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

zebra
2019年01月02日 09:04
ママ役のサリーフィールド。「ノーマ・レイ」「プレイス・イン・ザ・ハート」(※二作ともサリーはアカデミー主演女優賞を受賞)のときもそうでしたが アグレッシブ女子な役でした。
「人生はチョコレートの箱」 というセリフも ママガンプのようなアグレ女子ならでは。



 
zebra
2019年01月02日 09:35
「人生はチョコレートの箱 開けてみなければわからない」

それは、甘いチョコもあれば苦いチョコもある 人によっては 甘くとも苦くとも 自分の味覚には合わないチョコかもしれない 味の感じ方は一個一個ちがうんですよ。 それは人間関係や選んだ生き方すべて いい時もあれば悪い時もある、ということをママガンプはフォレストに教えてきたんですよ。

母親のママガンプはもちろん、同級生のジェニー、イジメを受けた同級生たち、フットボール部に誘ってくれたコーチ、軍隊の上官のダン 戦友ババ みなチョコレートの一個一個なんです。

※おまけ 
陰の陰 そのまた陰の役割を果たしてくれた謎の役"ハンコックさん"もチョコレートの一個だった・・・かも?・・・彼もフォレストの”可能性”のきっかけだった気がします。いい場面でした。ありがとうハンコックさん。

この記事へのトラックバック